カニの種類と基礎知識

カニと言えば、年末年始だけに限らず、特別な日に食べる人気の食材です。カニとひとことで言っても、様々な種類があり、カニによって特徴や味に違いがあります。カニにはどのような種類があり、それぞれにどのような特徴を持っているのでしょうか。

ズワイガニ

ズワイガニはカニの一種です。ズワイガニのズワイとは、細い木の枝を表現する言葉のすわえが訛った言葉なのだそうです。ズワイガニは、体が小ぶりで脚が細長いため、このような名前がついたのかもしれません。さらに、ズワイガニには、品質によって、本ズワイガニ・大ズワイガニ・紅ズワイガニというように、名前に違いがあります。中でも高級カニとして知られている、本ズワイガニには、越前ガニ・松葉ガニがあります。味に甘みと旨みがあり、カニ味噌も濃厚な味をしているため、カニの味そのものを楽しみたい方に人気です。

タラバガニ

タラバガニはヤドカリの仲間です。タラバガニとは、魚のタラが捕れる漁場に生息していることから、タラバガニと名前がつけられたのだそうです。タラバガニは、大ぶりな体をしており、太い脚をしています。タラバガニは、味そのものはタンパクですが、身がしまっている上に、しっかりとした食べごたえがあることから、カニを存分に食べたい方に人気です。しかし、カニ味噌はほとんどありません。

花咲ガニ

花咲ガニはヤドカリの仲間です。花咲ガニとは、捕れた土地の名前がつけられたという説と、茹でた時の状態が花が咲いたような形をしていることから名前がつけられたという説があるのだそうです。花咲ガニは体にトゲがたくさんついており、太くて短い脚をしています。ほかのカニと比較すると味が濃いという特徴を持っています。

毛ガニ

毛ガニはカニの一種です。毛ガニは、全身が剛毛で覆われていることから、毛ガニという名前がつけられたのだそうです。北海道を代表するカニで、カニの中では、最も高値で取引されているものです。さらに、ほかのカニとは違い、冬の時期だけではなく、年中収穫することの出来るカニです。体が小さく、食べる部分が少ないのですが、濃厚な味をしており、カニ味噌がおいしいため、そのほかのカニと比較すると、最も味わい深いカニとして知られています。

カニの基礎知識を知っておくと、カニを選ぶ際に、大変役に立ちます。