いろいろなカニ料理

カニは、様々な調理方法で味わうことが出来る食材です。カニの種類によって味に違いがあるため、カニのおいしさを引き立てる調理方法を選ぶことが大切です。カニ料理には、どのようなものがあるのでしょうか。

カニ鍋

カニ鍋は、家族団欒の時に、楽しくカニを食べることが出来る、手軽なカニ料理です。使用するカニは、身がしっかり詰まった、タンパクな味のものを使用することで、スープの味がカニに染み込んで、カニのおいしさを引き立てます。鍋に入れるものは、カニのむき身・豆腐・白菜・しめじ・にんじんなど、そのほかにも好きな具を入れて、カニ鍋を楽しみましょう。

カニしゃぶ

カニしゃぶに使用するカニは、新鮮で、カニそのものに甘みや旨みのあるものを使用すると良いでしょう。鍋に昆布と水を入れた後、煮立つ直前に昆布を取り出します。煮立ったら、カニをお好みの長さでしゃぶしゃぶした後、いただきます。この時、あまり長くダシにつけない方が、カニの旨みを楽しむことが出来ます。鍋から取り出したカニは、お好みのつけダレにつけていただきます。

カニ雑炊

カニ鍋の後は、残りのダシ汁を使ってカニ雑炊を作ります。ダシ汁の中に、ご飯・カニのむき身・ネギ・醤油を入れて、ひと煮立ちします。その後、卵を入れてしばらくしたら出来上がりです。とても簡単に出来る上に、カニの味が染み込んだご飯とカニのむき身で、さらにカニのおいしさを楽しむことが出来ます。

カニのホイル焼き

カニのむき身・しめじ・ネギ・酒・塩少々を、ホイルで包んで、オーブンで約10分ほど焼きます。カニの旨みがシメジやネギに染み込んで、おいしくいただくことが出来ます。

カニの黄金焼き

カニのむき身に、溶かしバターを塗ります。その後、卵黄をよく混ぜあわせて、カニのむき身に卵黄を塗ります。その上から、パルメサンチーズをたっぷりと掛けた後、オーブンで約10分ほど焼きます。おいしそう色合いと、カニの香ばしさで食が進みます。

カニ料理には、豊富な種類があります。カニを購入したら、様々な料理にチャレンジするのも楽しいかもしれませんね。